東京格安音楽企画・音楽サークル身内大集合

音楽プロダクションについて~音楽サークル・身内大集合~東京の格安音楽企画

音楽プロダクションについて

音楽プロダクションの仕事はアーティストを陰から支える存在だ。音楽プロのスタッフが自分たちでアーティストを探し出してくる場合もあれば、レコード会社がオーディションその他で独自に発掘したアーティストを紹介して、所属プロダクションをきめる場合もある。日本の芸能プロの場合、経営者は元敏腕マネジャーや元ミュージシャンの場合が多い。新人アーティストについたマネジャーや内勤のサポートースタッフが、マネジメント業務として、経費管理からコソサートーツアーの企画・実行まで手掛けることも少なくない。マネジャーの仕事はアーティストのスケジュール管理、ブッキング業務、予算管理から現場の立ち合いなどで、1日中をアーティストと一緒に行動している。ベテランのマネジャーになるとレコード会社との契約からアーティストのコンセプト作り、CDやコンサートの企画立案から、レコーディング現場のディレクションまでこなす人も少なくない。プロデューサーとほとんど同じ仕事までこなしてしまうわけだ。マネジャーとして1人立ちするまで、最低でも3年はかかるといわれるが、それはその間にレコーディングやプロモーション、コンサートを数回経験するなかで、ようやく一人前に育っていくということでもある。この仕事にとって大事なのは、他の仕事でも同じだろうが心・技・体になる。経験を積むことで仕事の内容を把握し、アーティストを育てる立場で相手の身になっていつも考える。そして、それを実行していくためには昼夜逆転するような仕事も多い職種だから、体力がなくては勤まらないということになる。アイドルなどの場合は、彼らを人間としても立派な人物に育てていくのもマネジャーの重要な仕事なのである。
激動するレコード業界
ミリオンセラーの暗闇
アーティストのリストラも開始
制作は外部起用が主流
拡大する音楽プロダクションの影響力
岐路に立たされたレコード業界
消えるレコード会社、生き残るレコード会社
ベストアルバムの功罪
現実となった音楽業界の倒産劇
本格化する音楽ソフトのネット配信
音楽界のネット通販の将来性
音楽のネット配信は普及するか?
スターデジオー00Sレコード業界
アメリカのネット配信事情
日本企業のCS放送進出
「MP3」、「メモリースティックウォークマン」
大手レコード会社幹部に聞く音楽事情
揺れる音楽著作権の概念
坂本龍一の「メディアーアーティスト協会」
音楽の著作権元管理は妥当か?
レコード会社各社の動向
音楽著作権の「在り方」の変化
多岐にわたって生じる音楽著作権問題
大手音楽出版社社長に聞く
イメージ通りか?音楽業界の仕事
音楽業界のレコーディングについて
音楽プロダクションについて
音楽出版社の実情
コンサートプロモーターについて
大物音楽プロデューサーに聞く音楽事情
生き残りを賭けて模索を続けるレコード会社
音楽業界、SMEの実情
音楽業界、東芝EMIの実情
ワーナーミユージックージヤパンの音楽事情
音楽会社、ユニバーサルミュージックの話
エイペックスの音楽ばなし
ビクターエンタテインメント音楽会社のはなし
ユニバーサルビクターの音楽事情
ポニーキャニオンという音楽会社
日本コロムビアという音楽会社
日本クラウン音楽会社
ティチクという名の音楽会社
フオーライフレコード音楽会社について
巨大産業となった音楽業界
ヒット至上主義からの脱却